まいにち、やさしさと。

アラフォー女性の雑記。妊活や音楽のことなど。

そして撃沈、まだ救いだったこと

f:id:laughout83:20200213151545j:plain

タイトルからわかるように、笑 結局、今回の自然妊娠は、化学流産でした。今日出血して、エコーと採血の結果、胎嚢は見えず、Hcg値は0.5以下ということで。。。

 

ぬか喜びじゃん!というガッカリ感、そしてやっぱり自然妊娠が嬉しかったので、それが叶わなかった悲しさと。診察中、そしてお会計のあと、ちょびっと泣きました。

 

気を取り直して、先週には自然妊娠を一緒に喜んでくれた、漢方の先生に「やっぱりだめでした~」という報告をしに。すでに泣いてたので、笑って報告できるかと思いましたが、先生が残念そうな顔をしはるので、やっぱり泣いてしまった。

 

けど、この先生。いつも親身でかつ面白く、普通にお話するのが楽しいのですが、今日あらためて、いい先生だなと思いました。

 

というのは、今後どんな風にしましょうかね~という話をしている間、私はちょいちょい、なんだかこみ上げてきてハラハラ涙を流してしまったのですが、先生は、私が泣いてる間も、あまり気を遣うそぶりを見せないのです。

 

ティッシュ差し出したりとか、大丈夫?と聞いたりとか、そんなことをしないでいてくれる。ただただ、普通に接してくれる。笑いも交えて。

 

人によっては、気を遣ってくれるほうが嬉しい人もいると思うので、それは個人差でしょうけど、気分が上がり下がりしている人に対して、静かに寄り添えるっていうのは、私が昔から良いと思っている優しさの形なので。

 

とりあえず、化学流産なので、今日がD1ということで、今周期からまた移植をするけど、もう40歳になるので、3か月くらいしたらまた採卵を考えている、と話したら、「そうですね~少しでも早く採卵したほうがいいですよね。いい卵取りましょう!」と励ましてくれました。

 

先生の前でボロボロ泣いてしまって申し訳なかったけど、おかげで気持ちをすっきり切り替えられました。ありがとう、K先生。

 

先生と話ししてる途中、めっちゃ面白かったことがあって、先生が、卵子の質についていろいろ説明してくれている時に、「卵を採った時にね・・・」と言った次の瞬間に、先生のスマホが「卵料理を検索しました」とかって話始めて。笑

 

なぜか、OK Google先生が、「たまご」に反応したらしくて… もう、爆笑でした。OK Googleとか一言も呼んでないのに、怖っ!!という感じでした。卵料理って。笑