まいにち、やさしさと。

アラフォー女性の雑記。妊活や音楽のことなど。

糖質でも何でも、ほどほどがいい。最新の研究報告に思ったこと。

数日前に、ラジオでこんなニュースを耳にしました。

「極端な糖質制限は、老化を早める可能性がある」

こんな話です↓

www.jiji.com

聞いたとき、ちょっと苦笑してしまいました。糖質を減らしたほうがいい、という最近の傾向って、「糖質を摂りすぎると老化が早まる」から、って話だったよね、と思って。

これは実験用マウスを使った実験の話ですが、『人間が1日3食とも主食を取らない状態に相当する厳しい制限』を課したマウスは、そうでないマウスと比べて記憶力が半分くらいに低下したということ。

↑の記事には書いてありませんが、ラジオの説明だと、さらに見た目にも分かるほどに『老けた』のだそう。

f:id:laughout83:20190524110211j:plain

思わず、やれやれ、と思ってしまいました。むかしから、ある種のダイエット法や健康法が流行っては、その後の「最新の報告」によって警鐘が鳴らされる。相変わらず、そんなことが繰り返されてるんだな、と。

個人的には、はやりのダイエットとか、健康法とかは、興味が沸いたら試すかもしれないし、それが体に合ってるなら、続けるかもしれません。

ただし、「何かだけを食べる」とか、「何かを絶対食べない」ということは、まず、することはありません。

今後もきっと、いろんな研究結果が報告されて、新しい発見がぞくぞくとあらわれて、それまでの常識がくつがえされたりもすることでしょう。

だけど、変わらないことは、何ごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」なんだろうな、と、どこかで分かってるから。