まいにち、やさしさと。

アラフォー女性の雑記。妊活や音楽のことなど。

そりゃないぜベイベー(悲しい話)

双子発覚から1ヶ月、妊娠3ヶ月に入ったところで、昨日の検診でのこと。どうやら2人とも成長を止めてしまったようだ、と告げられました。また流産。。。しかも、2人とも。

 

そのうちの一人は、2週間前から成長がストップしてしまい、それ以上大きくなることはなく、心拍も弱りつつありました。エコー上でも子宮内で出血があるようだったので、覚悟はしていました。先週からは実際に出血してきていたし。

でも、もう一人は、先週の金曜までは、頑張って大きくなっていました。ただ週数からすれば2週間遅れぐらいの大きさだったし、心拍もやや弱めとは言われてて。だから、そのままなんとか大きくなって、成長が軌道に乗ってくれたら・・・と願う一方で、この子も厳しいかな・・・と悲観する気持ちも、取り払えなかった。

このもう一人の子は、昨日の先生曰く、かすかに心拍があるようにも見えるが、その拍動が母体側の心拍数と同じなので、どうも子供の心拍ではなく子宮外の(母体の)血管が写り込んでいるようだ、とのこと。そ、そんなぁ。。

来週、最終のエコーでの確認をして、確定したらその翌日に手術ということになりました。昨日の先生の見間違えであることをかすかに願いつつも、赤ちゃんの大きさが先週より小さくなっていたので、やっぱり厳しいだろうなと思います。

 

夫は今まで、私が不安がるたびに「生命力を信じよう、大丈夫や」と、何度も言ってくれました。でも私は、いろんな知識や情報が頭にあるだけに、そして性格的なこともあり、「そうだね、信じよう!」と単純には思えませんでした。

昨日の診察のあと、母親である私がもっと強く信じてあげられたら、また違う結果だったのかな・・・とも思いました。信じきれなくてごめんよ、と。もっと、ただただ前向きにどんと構えてられたらよかったな。

こんなだから、母親になれないのかとか、母性が足りないのかとか、油断するとゴンゴンと底なしネガティブ沼に陥りそうになるのだけど、その状態では誰も幸せにならないので、ね。。

今ある幸せ(それは仕事や音楽!)に助けられながら、泣きたい時は泣いて、また歩いて行こうと思います。

まさかの出来事続き、移植~心拍待ちの日々。

前回9月末ごろに、最近余裕があるからまたすぐ書く、みたいなことを書いて、やっぱり書きませんでした。というか、どの時点で何を書こうかと思っているうちに時間が過ぎたという感じです。へへ。

 

先月の半ばに、胚盤胞を移植しました。もともと1つだけ戻す予定だったのですが、戻すはずの一番グレードの良かった凍結胚盤胞を融解した際、おそらく融解ストレスが原因で弱ってしまい、成長をストップしてしまったとのこと。

この子は、このまま移植しても、着床~妊娠する確率は10%ないくらい、ということでした。

そして、そのことが分かった時点で、培養士さんと先生で相談して、次にグレードの良かった胚盤胞も融解して、こちらの子は問題なく融解できたということで。

で、どうしましょうか、と聞かれたわけです。まったく想定外のことにうろたえました。仮に2つ戻して、双子ちゃんになったら、私には手におえるわけがない…とずっとそう思ってきたから。

かといって、成長する見込みのない胚を廃棄するなど、、、そんなこともできそうにない。だってまだ生きている命だよ。うーん。。。

先生に、「2つ戻して、双子になる可能性はどれくらいでしょう?」と聞くと、「こういう時に2つとも戻すケースもたくさん見てきましたが、両方着床したケースは一度もみたことありません。3%くらいと思います」ということで。

私「…じゃあ、2つ戻します」と答えました。弱ってしまった子がこの先生き延びる可能性は低そうだけど、一緒に戻すことで元気な子が育つのをサポートしてくれるのでは・・と、何の根拠もなく考えての決断でした。

 

そして判定日。hcg値150。先生に、「妊娠していますね、すべてはこれからですが、ひとまずはおめでとうございます!」と言われました。

4週1日時点のhcg値が100以上が着床の目安らしく、この時点で私は「元気なほうの子が着床したのだな」と思いました。2つ着床してるなら、多分もっと値は高いはずだと思ったので。

 

その一週間ちょっと後の5週2日。胎嚢が無事確認できますように…と祈りつつ、エコー。

先生「(しばし沈黙)…てみさん(←私のこと)、モニター見えますか。ここに、袋ありますね。」

私「はい!(胎嚢ある、よかった~)」

先生「で、(角度ずらしながら)ここ、隣にもうひとつあります」

私「…はい?」

先生「二つとも着床してますね。双子です」

私「???!!」

なんと、先生のおっしゃってた3%のところに入りました。再び予想だにしない展開に、しばし呆然。。。

f:id:laughout83:20191111173510j:plain

その後の診察で、「先生、3%って言ってましたよね?」と確認すると、「ええ、私も長年やってますけど初めてですわ」的なことを言われました。

それでも、このまま2人とも成長するかは未知数、片方の成長がストップしてしまう「バニシングツイン」ということもあり、こればかりは経過を見るしかない。

 

最初は、喜びよりも、かなり動揺しました。わたしたち夫婦は、どちらも実家が遠く、わたしたちがアラフォー夫婦であるから、すなわち親たちも高齢。

うちの母は持病もあり、長距離移動してうちに数泊するとか絶対しない(できない)と思いますし、義理の母はそれに比べりゃ元気だけど、それにしてもやっぱり高齢。ヘルプを頼むのは難しいです。

ヘルプなしで双子育児… 私の同僚にやはり双子の母やってる子がいますが、6か月くらいのときに遊びに行って様子を見てたら、「こら私には無理!」と強く思ったのです。

それでも、ネットで探せば、私のような状況で、いろんな地域のサポートシステムを駆使して、夫婦だけでなんとか乗り切っておられる方々もちらほら。あるいは、夫に悪いけど、私が実家に半年ほど帰省して産前産後を過ごす、ということも、できなくは多分ない。

それが分かってきたら、じわじわ嬉しい気持ちが沸いてきました。夫も、まんざらでもなさそう(前回の流産のことがあるから、手放しではまだ喜んでないけども)。

 

ともかく、お腹のふたりが、無事育ってくれますように。。と願いつつ、今日は6週4日。心拍確認できるかな、と思って行ったけれども、できず。先生は「胎嚢は育ってます、8週くらいまでに心拍見えたらいいですからね~」と言って、おわり。

あとで看護師さんに、「先生は何にも言わなかったけど、今日心拍が見えないのって遅くはないのですか?」と聞いたら、こんな答えが。

「だいたい6週~8週で見えます、けっこう個人差あります。そうね、ちょっと遅いのかな、って心配になりますよね。でも、妊婦さんみーんな、不妊治療の人も自然妊娠の人も、それぞれいろいろ、心配は尽きないです。生まれるまでずっと。

 だけど、少しずつそういう気持ちに慣れていって、お母さんになるんです。大丈夫。生んだ後のほうがきっと大変ですけどね!」

私は何気なくちょっと聞いたつもりが、ものすごく優しく力強く励ましの言葉を下さって、その優しさに何だか思わず涙がこぼれてしまいました。要は、どーんと構えてましょう、ということなのだな、とあらためて思いました。

心配と手をつないで、目の前のこと(仕事に家事に)をちゃんとやりながら、一週間後の診察にまた挑んできます。

 

めっちゃ長いけれど、近況忘備録でした。

3回目の移植周期スタート、あと「妊活の脳科学」

前回の記事からまた1か月経った。笑 ・・・時間といえば、意識していない時間は矢のごとき速さで進むのに、待ってる時間の進みの遅さたるや。

妊活されてる方はお分かりいただけると思うんですけど、判定を待つ間の高温期、時間の進みの遅いことといえばこの上ないのに、ベビ待ち初めてからもう○年経ってるよ、早!みたいな。

いや自虐じゃなくて、あくまでたとえなんですが。へへ。

 

f:id:laughout83:20190925093835j:plain

 

というわけで、やっと移植周期が始まりました。通算3回目。5日目胚盤胞4ABさんを、順調にいけば10/12にお迎えにあがります♡

うちのクリニックは、移植は基本的にホルモン補充で行います。卵胞ホルモンに関して言えば、1回目のときエストラーナテープでお腹がかぶれまくって散々な思いをしたので、2回目からは入浴後に体に塗るジェル(エストロジェル)+ジュリナという錠剤に替えてもらいました。

でも、わがまま言うと、ジェルはジェルで塗るの面倒(←ものぐさ)。なので、エストラーナテープに戻して保湿対策を万全にする方向にするか!と思って今回先生に相談したら、

「うーん、でも、2回目の移植のとき妊娠したじゃないですか。医学的にはテープもジェルも同じ働きだけど、効果に個人差はあるし、あなたにはもしかしたらジェルのほうが合ってるという考え方もできますよ。どうします?」

と言われて、う、うーん、その可能性もあるのなら、またジェルでいってもいいか…と思い直し、昨日から塗り塗りしています。

 

ところで、2か月ほど前、採卵の少し前だったと思うのだけど、インスタ広告で面白いのが流れてきました。それが、

ナチュラル妊活の脳科学・無料メール講座」

最初見たとき「なにそれ、なんか超怪しい」と思ったんだけど、わらにもすがる思いというわけではありませんが、ためしにメール購読してみたんですよ。

これが、案外面白くて、よかったんです!現状では「わたしはこれのおかげで妊娠しました」とか言えないのでアレですけど、少なくとも治療とか妊活で気がめいってる人にはめっちゃおすすめ。今までないタイプの視点かなーと思いました。

わたしは無料のメール講座しかやりませんでしたが、有料の対面講座?セッション?わかんないけど、そういうのもあるみたいです。募集から半日で満員になるので、人気みたいですな。

 

近況でいうと、ウクレレを始めました。笑 また一つ、生活にうるおいが生まれた感じです。いま仕事も落ち着いてることなので、また近々書きたいと思います(←あやしい)。